30代の風俗嬢と濃厚に遊んだ時の体験談をご覧下さい。

好みの風俗嬢とは絶対にエッチしたくなる

風俗嬢の可愛らしい写真を見ているとエッチをする前からすごくドキドキしてくる。デリヘルのホームページで彼女たちの写真を楽しむだけならお金はかからないし、結構好みのタイプがいたから目の保養にもなった。でも、好みの風俗嬢を毎日のように見ているとエッチがしたい欲求が強くなってきて、俺は結局デリヘルを利用した。指名した風俗嬢は毎日俺が写真を見て目の保養をしていた、めちゃめちゃ可愛らしい好みのタイプの女性。彼女とエッチできるならどうなってもいいと思えるくらい、彼女とだけはどうしてもしたかった。家に来た彼女は簡単に自己紹介をしてからタイマーにスイッチを入れてプレイが始まった。まずは、彼女の体を味わうためにじっくり全身を丁寧に舐めていった。彼女の敏感な部分を舌でなぞると気持ちよさそうに声を漏らして感じていた。好みの女性が感じる姿って最高のおかずになるし、俺は彼女を感じさせながら自分でシコシコした。そして、最後は彼女に思いっきりかけた。

エッチがなくても風俗嬢と一緒にいたい

仕事の多忙な時期が終わったからゆっくり休みを取って好みの風俗嬢とゆっくり過ごしたかった。直接風俗店に行くのもいいけど、自分は性欲処理がしたいわけではなく、できることならデリヘルを利用して好みの女性とただ一緒の時間を過ごしたい。明るい風俗嬢に癒されるために利用します。彼女に甘えながらイチャラブをしてのんびり幸せな時間を過ごしたいと思っていた。そこで、今回自分は最長コースでデリヘルを利用した。家に来てくれた風俗嬢は最長コースを頼んだことへのお礼を一番初めに言ってきた。次に一緒にシャワーを浴びて体をサッときれいに洗ってから、イチャラブを初めて1時間近くバスルーム内で絡み合った。彼女のエロスを十分に感じてからはベッドに行ってのんびり甘い時間を過ごした。エッチなしでゆっくり時間を過ごす人ってあまりいないらしく、彼女は興味深そうに僕の半紙を聞いてくれた。適当に話しているだけでもあっという間に時間が過ぎていくし、気が付けば制限時間が終わって彼女はすぐに帰る準備を始めた。何となく寂しさを感じていると、最後に頬にキスをしてくれた。